開陽丸の発見

沈没以来明治7年頃までは多くの武器、弾薬、船具などが引き揚げられていました。その後も民間の引き揚げ業者などによって金属の回収などが行われていましたが途中で調査はうち切られていました。 開陽丸と共に沈んだ遺物は長い年月の中に消えてしまったのでしょうか。昭和49年文化庁の指導のもとで海底調査が行われました。この時、開陽丸の遺物が大量に発見されました。防波堤ができて海の流れが変わり海底の砂が運び去られ、再び姿を現したのではないかと考えられています。そして、引き揚げ作業が始まったのです。

年度別出土点数  
昭和49年迄  44 
昭和50年度 400 
昭和51年度  1,800
昭和52年度  16,000
昭和53年度  7,565
昭和54年度 2,972 
昭和55年度  522
昭和56年度  -
昭和57年度  2,123
昭和58年度  1,375
昭和59年度  104
総計  32,905

遺物引揚げの様子

開陽丸遺物の保存

海水に長い間浸かっていた遺物は空気中に引き揚げられると海の中にある時より腐食が早くなります。海水の中の塩分が遺物にしみ込んでいるため塩分を抜く作業が最初に行われ、その後、それぞれの物質によって保存するまでの工程が違うのです。当時、東京国立文化財研究所の江本義理先生と江差高校の小林優幸先生と化学クラブの生徒たちが処理に当たったのです。

材質別出土遺物点数    金属製遺物の保存処理工程
種別 材質 引揚げ点数 ●遺物の引揚げ ← 水道水浸漬↓← 純水浸漬
金属     5,879
銅・真鍮 17,392
61
金・銀 48
金属複合 323
有機物       574 ●脱塩 ← 鉄2%カセイソーダ1年(2ヶ月換水) ← 銅・真鍮5%セスキ炭酸ソーダ6ヶ月(2ヶ月換水) ← 鉛・錫2%セスキ炭酸ソーダ3ヶ月
繊維  952
木材  794
 1
 14
 19
陶器類  陶器  1,606 ●脱アルカリ ← 水道水浸漬 ← 純水浸漬 
硝子  1,311
その他  異種複合   ●脱水・乾燥 ← 水熱風乾燥器
石・石灰他  
 計  32,905 ●クリーニング ← ハンマー・ブラシ・グラインダー 表面処理 ← 鉄 ・・・デンソーペースト ← 銅・真鍮・・・インクララック
    
●収蔵


▲Page Top

会社概要

一般財団法人 開陽丸青少年センター
〒043-0041
北海道檜山郡江差町字姥神町1-10
Tel 0139-52-5522 Fax 0139-52-5505

関連施設

●江差港マリーナ
●江差町観光情報総合案内所
●ぷらっと江差
●北海道江差観光みらい機構

開陽丸記念館

●入 館 料  大人500円 小中高生250円(15人以上は1割引)
●開 館 時 間  9:00~17:00 (券販売は16:30分まで)
●休 館 日  4月~10月  無 休 11月~3月末 月曜日・祝日の翌日(但し祝日が月曜日の場合翌日と翌々日が休館)12月31日~1月5日 年末年始休館

Copyright © 2019.Kaiyo-maru.esashi